北アルプスの山

北アルプス涸沢の紅葉はこれからが見頃!おすすめしたい1泊2日のモデルコース!

更新日:

涸沢 紅葉

みなさん、こんにちは!キユシト(@kiyusito_asiato )です。

9月中旬を過ぎ、アルプスでは紅葉の声をボチボチ聞くようになってきましたね。

北アルプスの紅葉と言えば、「涸沢の紅葉」が有名、
例年ですと9月下旬ごろが一番の見頃と言われてます。

登山者の数もシーズンの中で最も多く、涸沢のテント場ではピーク時に1,000張りを超え、各山小屋も1枚の布団に3~5人という尋常じゃない混雑ぶりになります。

とは言え登山をする人達には、一度は訪れて欲しい「秋の涸沢カール」
この絶景に会いに行くための1泊2日テント泊の旅を紹介します!

Sponsor link

登山ルートとタイム

涸沢カールへ行くルートは、上高地から横尾を経由するルートが一番の定番でコースタイムは約6時間。
涸沢に泊まらなくても紅葉が見れればOK!重い荷物を背負っていきたくないという人は横尾にテントを張って、軽い荷物でピストンするのもいいかも。ちょっと忙しいけどね。

で、今回あしあとが歩いてきたルートはこちら
山登りもそこそこ楽しみたい人にはおすすめ!

1日目

上高地 6:548:42 岳沢小屋 8:58[重太郎新道]10:56 紀美子平11:23 前穂高岳 11:37[吊尾根]13:30 奥穂高岳 13:5214:28 穂高岳山荘(テント泊)

2日目

涸沢岳(ご来光)穂高岳山荘 8:12[ザイテングラート]9:55 涸沢ヒュッテ 11:3213:22 横尾 14:07 徳澤 14:1914:57 明神15:36 上高地 

1日目

岳沢登山口

上高地バスターミナルから河童橋を渡り木道をしばらく歩いていくと岳沢登山口があります。
今回は前穂方面へ向かいますが、天狗のコルを経由してジャンダルムへ行くことも可能です。

岳沢

この沢を横切ってしばらく行くと岳沢小屋まではもう少し!
木々も色づいていい感じ、この日は天気が良く吊尾根もクッキリ!

岳沢小屋

上高地から約2時間ほどで岳沢小屋に到着!
少し休憩してから、重太郎新道を、前穂に向けて登って行きますよ!
岩場、クサリ場、梯子のルートなので慌てず、ゆっくり登って行きます。

重太郎新道

重太郎新道の途中より。
岩場や梯子のルートだけあって高度を上げるのが早い!
河童橋があっという間にあんなに遠くに!

前穂高岳

紀美子平にザックをデポして空身で前穂へ、
PEAKまで20分~30分です。

前穂の標識はカッコいいっス!
4つの穂高岳の中で一番好きですね。

前穂高岳

真下には涸沢ヒュッテが見えていますね。

中央の谷を下って行くと横尾、ヒュッテから右の尾根はパノラマコース、左の尾根は北穂南陵です。
二つともまだ歩いたことはないけど、パノラマコースはいつか歩いてみたいですね。

紀美子平まで降りて少し休憩した後、奥穂に向けて吊尾根を歩いて行きます。
歩くこと、登ることに夢中になりすぎていたのか、この区間での写真が1枚もない!
なかなか面白い道ですよ!

奥穂高岳

そんなこんなで奥穂に到着!
人が結構多い!

穂高岳山荘のテン場の確保が心配なので、先を急ぎます。

14:28 穂高岳山荘に到着、この日の行動はここまで!
ヘリポートの脇になんとかテントを張れて安心。この後も続々登山者がやって来てヘリポート上もあっという間にギュウギュウ詰めになりました。

Sponsor link

2日目

北穂高岳 槍ヶ岳

今日も天気が良さそう!涸沢岳山頂で朝日を待ちます。

涸沢岳 御来光

1日の始まり。
中央の浮島みたいのは八ヶ岳

前穂高岳 北尾根

前穂北尾根

ジャンダルム

ジャンダルム

涸沢

2日目は上高地に戻るだけなので、朝はゆっくりの8時過ぎにテン場を出発。
ザイテングラートを降りてきたところで振り返り。

涸沢槍の存在感!
涸沢岳から北穂も岩好きには楽しめる場所ですよ!

涸沢

結構下まで降りてきました。
紅葉の中の涸沢小屋が、本当に素敵です!

涸沢

涸沢ヒュッテより。

涸沢

山肌を黄色く染めるダケカンバ

涸沢はあまりにも美しすぎて1時間30分も長居してしまいました。
何をする訳でもなく、ただずーっと景色を眺めていただけなんですが。

残念ですが、上高地のバス乗り渋滞が恐ろしいので、この辺で下山します。

横尾

横尾

徳澤

徳澤

この後も、明神、上高地と黙々歩き、バス乗りの最後尾へ。

無事、バスに乗れたのはここから2時間後!

わかっていても、恐ろしい秋の上高地です。

最後に

涸沢の紅葉、噂以上の素晴らしさでした。

この日までは雑誌やネットでしか見たことがない所だったけど、
今回、実際に自分の目に映った景色、感じた空気と風は、何倍も素晴らしいものに感じました。

今度は是非、自分自身で会いに行ってみて下さい。

2014.9.27~9.28 山行

最後まで読んで頂きありがとうございました!

Sponsor link

-北アルプスの山
-,

Copyright© あしあと , 2019 All Rights Reserved.