秩父・飯能の山

秩父 般若山・釜ノ沢五峰登山 鎖場、崖、仏像、また一つ面白い山を発見!

更新日:

みなさん、こんにちは!あしあとです。

最近ずっと気になっていた山があったんです。

般若の面があるお寺を通り、鎖場を登った先の切り立った崖の上に立つ仏像。その先の五つの峰へは岩場あり、鎖場ありのアスレチック度満載の山。その山、実は秩父にあることを知り早速歩いてきました。

Sponsor link

般若山・釜ノ沢五峰登山

アクセス

マイカー
駐車場あり(無料)法性寺の手前約100mにある未舗装の空地

バス
1.西武秩父駅から西武観光バス「小鹿野車庫・栗尾行き」松井田バス停下車、徒歩約50分
2.小鹿野町営バス「西武秩父駅線」下車、徒歩約25分

コースタイム

[法性寺] 8:42 9:00 [龍虎岩と胎内観音] 9:12  9:18 [お船観音] 9:25 [大日如来]  10:08 [亀岩] 10:20 [釜の沢分岐] 10:43 [一ノ峰] 10:48 [二ノ峰] 11:06 [三ノ峰] 11:11 [四ノ峰] 11:20 [五ノ峰] 11;30 [布沢峠] 12:23  12:31 [モミの巨木] 12:35 [中ノ沢分岐] 12:40 [文殊峠] 12:45 [金精神社と長若天体観測所] 12:55  13:00 [兎岩分岐] 13:05 [竜神山] 13:20 [兎岩] 13:30  13:43 [釜ノ沢] 14:20 [法性寺駐車場]

般若山登山スタート

8:42 秩父札所三十二番、「般若山法性寺」を出発
般若山 法性寺

門をくぐるといきなり、般若の面がお出迎えです!おーっ!これこれ!

門からの階段を登るとまたもや般若!この先の奥ノ院へ進む場合は境内整備金300円が必要です。きちんとお支払いしましょうね!

花浄土を通り過ぎていよいよ山中へ入って行くと、現れる「観音堂」

9:00 最初の鎖場、「龍虎岩」です。

9:12 「龍虎岩」を登り、「月光(がっこう)坂」進むと「胎内観音」に到着です。写真右から2番目の観音様のお顔がありませんね。

9:18 いよいよ崖の上に立つ「お船観音」が見えてきました。しかし、えらい所に建てたものです。

近くまで行ってみます
お船観音

観音様はこんな切り立った崖の上に建てらえています。落ちたら終わりですね。
お船観音が立つ崖

9:25 「大日如来」下の鎖場です。これを登り切った所に観音様がいます。
大日如来へ至る鎖場

ここは、なかなかの高度感です。落ちたらOUT。背中にいる肝心の観音様の写真を忘れちゃいました。
大日如来の鎖場

10:08 「亀岩」に到着。この後15分ほどかけてふもとまで下山し、すぐ隣にある登山口から「釜ノ沢五峰」を目指します。
亀岩

Sponsor link

釜ノ沢五峰登山スタート

10:20 釜ノ沢分岐を登り、まず目指すのは「一ノ峰」です。
10:43 「一ノ峰」
一ノ峰

10:48 「二ノ峰」到着。パット見「三」に見えますが「二」です。展望が抜群です。
二ノ峰

「二ノ峰」から下りの鎖場
二ノ峰の鎖場

11:06 「三ノ峰」こちらが正真正銘「三」です。

11:11 「四ノ峰」
四ノ峰

11:20 「五ノ峰」到着!これで5つのピーク全て頂きました!ん?峰ではなく峯なんだ。

11:30 「布沢峠」でランチにしました。この日は「チリトマト」と「パンケーキ」そして調理器具は長年愛用している「SOTO」五徳付きストーブトリプルMIXのガス。クッカーは「モンベル」、日帰り登山なので蓋だけ。荷物を軽量化!
布沢峠で昼食

12:31 1時間ほどゆっくり休憩した後、10分ほど歩いた場所に現れるのは「モミの巨木」相当太く、でかいです。いったい樹齢何年だろうか?
モミの巨木

12:45 下山方面との分岐点である「中ノ沢分岐」を通り過ぎ、その先にある「金精神社と長若天体観測所」へ向かいます。この2つの写真は撮りませんでしたが、この場所から見える「両神山」「二子山」の姿が素晴らしい!
天文台から両神山と二子山

13:20 景色を堪能した後、通り過ぎた分岐まで戻り下山します。そしていよいよ「兎岩」に到着です。さほど恐怖感はありませんが、雨の日はスリップ注意ですね。なんせ、両脇の鉄柵がイマイチ信用できん!
兎岩

13:43 「兎岩」から10分、「釜ノ沢」まで降りてくると、山の旅も終わりです。
14:20 「釜ノ沢」から舗装道路を40分ほど歩き、本日のスタート地点「法性寺駐車場」に到着です。

お疲れ様でした。

Sponsor link

最後に

般若山と釜ノ沢五峰、まさかこんなに楽しめる山とは!全体的に地味な感じだが、なんか自分家の裏山で山遊びしているような感覚になります。他の登山者がいなかったので尚更!ほんと、いい山見つけちゃいました。もし、お気に召したら一度登ってみてください。最初にあまり期待しすぎなければ結構楽しめると思いますよ!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「あしあと」が愛用している、今回登場した登山アイテムはこちら

 

Sponsor link

-秩父・飯能の山
-, ,

Copyright© あしあと , 2019 All Rights Reserved.