埼玉の観光スポット

秩父三大氷柱|あしがくぼの氷柱は想像以上の絶景!アクセス方法は?

更新日:

氷柱

みなさん、こんにちは!キユシト(@kiyusito_asiato )です。

1月、2月ともなると、テレビなどメディアにあちこち取り上げられている『あしがくぼの氷柱』

冬の人気観光スポットとしてずいぶん定着してきていますね。

想像をこえる迫力の氷柱に感動です!

2021年はコロナ感染防止対策の為に、これまでとは違うルールでの鑑賞となります。

掲載されている画像は2019年のものです。

Sponsor link

あしがくぼの氷柱とは?

あしがくぼの氷柱は2014年1月に地元町民がスタートさせた、まだ新しい観光スポットで山林の山肌に沢から汲み上げた水をホースやスプリンクラーで散水して作る人工氷柱を見ることができます。

人工とは言え氷柱の森の完成度は素晴らしく、年々来場者が増加していて2018年シーズンは10万人を突破しました。

〇開催期間
2021年1月12日(火)~2月23日(火祝)

〇鑑賞時間
月曜日~金曜日:9時~16時
土・日・祝:9時~19時

ライトアップ:土日祝の17時(日没)より

土日祝の午後1時~午後7時までの入場については、事前予約制のためチケットの購入が必要となります。

〇環境整備協力金
300円(中学生以上)

事前予約チケット購入

一般財団法人横瀬町観光協会

甘酒と紅茶の無料サービス
2021年シーズンはコロナ感染防止策の為、休止されています。

〇ペット同伴加

〇ベビーカーや車いす
会場内は山道で若干ボコボコしていているのでおすすめできません。

あしがくぼの氷柱は何処にあるの?

場所は埼玉県秩父郡横瀬町芦ケ久保にあります。グーグルマップで「あしがくぼの氷柱」で検索すると、会場の場所が記されますが、マイカーで来る場合は近くまで車を乗り入れできないので注意して下さいね。

車で行く

〇関越自動車道『花園I.C.』を降りて国道140号線を秩父方面へ。その後国道299号線を走り、通常約53分
〇圏央道『狭山日高I.C.』を降り県道347号線から299号線を秩父方面へ走り、通常約50分
〇山梨方面(道の駅みとみ)から雁坂トンネルを通り国道140号線→国道299号線で、通常約1時間20分

駐車場

車で行く場合は『道の駅果樹公園あしがくぼ』に駐車することができますが、横瀬町観光webサイトでは会場まで少し近い第二駐車場を推奨しています。

〇駐車料金:無料
〇第一駐車場:普通車80台
〇第二駐車場:普通車60台

自分たちが駐車したのは土曜日の9:30頃でしたが、まだ駐車台数は余裕がありました。
タイミングが悪いと、駐車待ちの車が国道299号線まであふれて渋滞してしまうこともあるらしいです。

電車で行く

西武秩父線『芦ヶ久保駅』で下車し会場まで徒歩で約10分

レッドアロー号が臨時停車します!

〇運行期間
2021年1月8日(金)~2月23日(火祝)の金曜・土休日のみ

・臨時停車時刻表

〇チケット販売
・西武線特急券発売駅
Smooz
西武鉄道WEB SITE
・JTB各店

お得切符で秩父を満喫!

・秩父市応援 秩父漫遊きっぷ

バスで行く

氷柱開催期間限定シャトルバス(無料)

コロナ感染防止対策のため休止となっています。

〇西武バス
路線バスでも道の駅前で下車することは可能ですが、本数が非常に少ないです。

時刻表はこちら

〇秩父三大氷柱めぐりバスツアー
秩父にある3つの氷柱を巡りながら、昼の部は温泉、夜の部は酒蔵見学を堪能できるバスツアーです。郷土料理の昼食も付いていますよ♪

■ツアー実施日
2021年2月11日(火祝)~2月21日(日)
土日祝のみ

■ツアー料金
・中学生以上:9,000円
・中学生以下:5,000円

■ライトアップコース
芦ヶ久保駅(11:00)▶道の駅果樹公園あしがくぼ▶郷土料理の昼食▶尾ノ内氷柱▶三十槌氷柱▶酒造見学▶あしがくぼの氷柱(ライトアップ)▶西武秩父駅(解散18:30頃)

三十槌ライトアップコース
芦ヶ久保駅(11:00)▶あしがくぼの氷柱▶天狗坂(昼食)▶A農産物直売所▶秩父まつり会館・秩父神社▶酒づくりの森▶三十槌の氷柱(ライトアップ)▶西武秩父駅(解散18:30頃)

■申し込み・お問い合わせ
横瀬町ブコーさん観光案内所
 0494-25-0450 (8:30~17:00)

Sponsor link

氷柱会場へGO!

氷柱会場への道

さて、それでは氷柱会場へ向かってみましょう。あしがくぼから会場までは歩いて10分ほどです。

山へ向かう道なので、靴が泥だらけになってしまうことを想定して登山靴を履いていきましたが、そんな心配は必要ありませんでした。

なんと、土の道にはウッドチップがひかれているではありませんか!おかげで靴はほとんど汚れず、しかも、足にすっごくやさしいんです。素晴らしい!運営のみなさんには感謝です。

山の向こう側まで行くと、プレハブ小屋が見えてくるので、ここで環境整備協力金として300円を払って入場します。シャトルバスの乗降場がここにありました。

氷柱会場の管理事務所

会場はここから少し先ですが、山肌に付く氷が少し見えますよ。

秩父線のガードが会場の入口になっていて、突然目の前に現れた景色に驚きと感動!凄いではないか!

氷柱

山肌一面に張り付いた氷は圧巻です。

一段上に展望台らしき場所があるので行ってみます。道の傾斜はそれ程でもないので、小さい子供や年配の方でも登っていけると思います。ここにもウッドチップがひかれていて足にやさしい。

会場内の展望台

さて、展望台に到着です。

この展望台から会場内の氷柱が一望することができ、氷柱をバックに撮影スポットも用意されていますよ。

『おもてなしレディ』に頂いた甘酒を飲みながら、薪ストーブがあるベンチに腰掛け一休み、体が温まりますね。

展望台からは、アスファルトの道を下り管理事務所まで戻ることができますが、せっかくなので来た道をまた戻りました。

イベント情報

新型コロナ感染状況によりイベント予定が変更又は中止となる場合があります。

あしがくぼの氷柱をバックに「NAKED, INC.」が手掛けるプロジェクションマッピングが流れ、幻想的な空間の中、横瀬の伝統芸能が披露されます。

日程

1月30日(土)里宮の神楽
1月31日(日)秩父屋台囃子
2月6日(土)秩父屋台囃子
2月7日(日)芦ヶ久保の獅子舞

時間

18:45~

イベント入場料

完全予約制のため、事前チケット購入が必要となります。

・500円

・未就学児は無料

詳細・チケット購入はこちら!

最後に

会場内でゆっくり景色を見て、写真を撮ったり、のんびり休憩して、かかった時間は駐車場を出発してから戻るまで2時間ほどで、どこかに向かう途中とか、帰り道の休憩ついでにちょっと寄り道というのも十分可能。

駐車場も無料で、温かい飲み物も頂けて、そして氷の絶景、これがたったの300円!コスパいいと思います。

今回は氷の自然の色を写真に撮りたかったので、昼間の時間帯にしましたが、ライトアップ時の写真を見ると、また違った雰囲気でいいですね

この先、エリア拡大なんかして見どころがまた増えたら、もう一度行ってみよ。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

Sponsor link

-埼玉の観光スポット
-, , ,

Copyright© あしあと , 2021 All Rights Reserved.